体の歪みは骨盤矯正で整う

骨盤矯正が出来る運動

骨盤矯正をしよう

最近、「骨盤矯正」という言葉をよく聞くようになりました。骨盤矯正は、骨盤の歪みを治す事で、ダイエット効果や健康効果を望むものなのです。骨盤の歪みをそのままにしておくと、足やお尻がもっと大きくなってしまったり、姿勢がますます悪くなってしまうという事が考えられるのです。骨盤が歪んでしまうわけには、色々な原因があります。例えば、普段から姿勢が悪かったり、運動不足の方などは、骨盤が歪んでしまいがちです。骨盤矯正というのは、サロンでもやってもらう事ができますが、ご自宅でもできるものなので、正しい運動方法を身に付け、毎日継続して骨盤矯正のケアをしていきましょう。

 

骨盤が前後に歪んでいる人がするといい運動

まず、仰向けに寝てみましょう。両足を肩幅から少し広く開きます。大きく息を吸いながら、つま先を立ててかかとを押し出すようなイメージで伸ばしていきましょう。かかとを伸ばす事ができましたら、息を止めて両腕を伸ばしてみましょう。息が苦しくなったところで一気に息を吐き出して下さい。全身の力をストンと抜き、そのまま10秒間静止します。これで完了です。

 

骨盤が左右に歪んでいる場合には

床に座って、腕を揃えて前に出すようにしましょう。そして床と水平になるように両腕を上げて下さい。姿勢を正しく直しながら、上げた腕を前に押し倒していきましょう。左右に体ををひねってみて下さい。ひねりやすいと感じた側に向かって、上半身を大きくひねります。苦しくなりましたら、その時点で力を抜き、仰向けになりそのまま10秒静止させましょう。これで完了です。